生き方に正解はない。

生きること。あなたの誇りです。

<男性ミニマリスト・しぶさん>ミニマリストに習う暮らしを始めたきっかけ<2016年11月投稿版>

こんにちわ、晴美です。
9月下旬。やぎぺーさんのブログがTwitter上に流れていました。

記事はこちら
www.jimpei.net

やぎろぐの1枚をお借りしました。ありがとうございます、自分も相当衝撃を受けることが出来ました。
3.11以降、ものを少なくして生きることが流行りだした。確かにそんなにものは要らない。ただ「どこまで捨てるのか」となると二の足を踏んでいた。「フランス人は10着しか服を持たない」という本の題名は知っていたけれど、外国の話だから関係ないと思っていた。何だかいろいろなひとに申し訳ないと感じ、視野の狭い自分を恥じた。

シブさんのブログはこちら

sibu2.com

このとき9月の下旬。以降、ものに対する考え方は大きく変わった。ものが簡単に手に入る現代だから、増やせばどんどん増えてしまう。取捨を厳しくする必要があった。

シブさんの生き方に最初は驚愕してしまったけど、実は普通の生活なのかもしれない。
むしろ健康的で文化的だと感じている。他に驚いたのは読書量と情報収集量。
電子書籍とパソコンがあれば情報が何でも手に入る。欲しい情報だけ手に入れればいい。

特に参考になったのは以下の記事。

健康を考えてウォーキング。現代人は歩かないよね。。

sibu2.com

自宅の持ち物とバックの中身。

sibu2.comsibu2.com
殆ど化粧品持ち歩かないので参考になった。ポイントカードも多すぎて困る。
あくまでポイントはおまけだから割り切らないと財布が重いよね。
クレジットカードと最小限の現金で毎日過ごせるもんね。使った分を銀行に積んでおけばいい。

毎月の支出のことも書いてある。

sibu2.com
特に独り暮らしの男性におすすめ。

真似出来ない1日1食^^;もちろん食べ過ぎは良くないよね。

sibu2.com

ものが少ないむかしと、IT現代を上手くミックスしてる感じがある。選択は自由だもの。
やぎペーさん、シブさん、ありがとうございます(*^^*)
※今回はやぎぺーさん、シブさんに掲載許可をいただきました。

関連記事☆2017年1月にしぶさんの追加記事書きましたので、こちらもどうぞ↓

www.irobana.com