生きてるだけで

誰でも必ず、誰かの誇りです。

物を減らすと見える、8つのメリット

やぎぺーさん経由でシブさんのミニマリストライフに驚愕したけど、それ以上に共感している晴美です。(長い^^;)

「ミニマリストに習う暮らし」のカテゴリ作りました。
ミニマリストってものが少なくてつまらなさそうとか、お金がなさそうとか、貯め込んでいるんじゃないかとか考えるひとが一定数いるらしい。

ぜんぜんそんなことないです、
ミニマリストには沢山メリットがあります。
ミニマリスト、までにならなくても『ものを少なく』するだけでも違います。

第一 掃除がしやすい

昨日の話で、シブさんの部屋の床に置かれているもの。
寝具。机。椅子。  以上。
www.jimpei.net
やぎぺーさん、もっかい借ります。

床にじかに置くものは極力少ない方がいい。うちはキャスター式が多いけれど、それでも少ない方がいい。
動かせるからとドンドンものを積んでしまうので。

第二 迷いがない

特に洋服と化粧品。毎日決まった服や似たタイプの服なら何を着ようか迷うことがない。
手持ちの品を迷うのはストレスになり、時間がもったいない。そのエネルギーと時間は、新しく買うときに使おう。

第三 視界がクリア。やりたい事に集中できる

もう机や調理台の上がごちゃこちゃな程、効率の悪いことはない。全く集中出来ない。このことを機会に、調理台の上あった細かい調味料は仕舞った。いまは炊飯器とわく子さん(電気ケトル)だけ置いてある。お陰さまで広く使えてる。

第四 本当に欲しいものや量が分かる

安いからふたつ買おうとか、大きい量を買おうとかをやめてみた。食品でも日用品でも、ひとつずつ買うことを意識した。
すると何日で何か月で使いきるか分かる。月にいくらかかるか分かる。コストパフォーマンスが分かる。
例えば500円の品を月に1つ使っていたけれど、見合ったものなのかと考えるようになる。
似たような品が300円で売られていれば、次はこっちを買ってみようかなと思える。逆に800円の品で500円と比べ物にならないほどのコスパならそれもいい。

第五 自由がきく

一時的にものが増えても、もともと少ないので対処できる。急な来客でも、ものが少ないので慌てることもない。掃除も簡単。
部屋のレイアウトを変えるのも自由自在。

第六 まめになる

不要なものを片付けてすっきりすると、更に床をふいたり、あちこちキレイにするようになる。
毎日簡単な拭き掃除で済むのだから、苦にならない。
自然に食品や衣類も、新線や清潔を気にする。古いものをためなくなる。

第七 使ったものに感謝できる

ものは使うためにある。「もったいないから使わない」はものが生かせない。
いただきものも、すぐ使うようになった。
処分するときも感謝出来るようになった。

第八 貯金が増える

選んで最小限しか買わないので、手持ちのお金は残る。そのお金は貯金も運用も自由に出来る。
年金は全くあてにならない。お金のことばかり考えたくもないけれど、先立つものは必要みたい。

書いていたら8つもメリットがでました(^^♪
きっともっとあるよね!