生き方に正解はない。

生きること。あなたの誇りです。

<実話>一流大学中退者の元上司が、犯罪に手を染めてしまった話

こんにちわ、晴美です。

2016年9月17日投稿→2017年1月14日加筆修正

この記事を最初に書いた時分、はてなブログ界では大学中退してフリーランスになる子がディスられてた。様々なユニーク記事が出る中、わたしは「ガッコ辞めるとこんなことになるよ」と、至極つまらない一般論を書いていたようだ。面白くないので大幅修正しました。
今回は一般リスクと実際にあった大学中退者の話を盛り込んだので、お付き合いいただけたら幸いです。

中退理由が「本人の感情」だと叩かれやすい

「健康上の理由」「金銭上の理由」「授業が難しくてついていけない」「人間関係が合わない」「いじめ」などの〈事情、人間関係〉。この辺は「周囲がやむおえず判断して」認められることが多い。

「つまらない」「飽きた」「なんとなく」「学校の勉強して社会人になっても何もならない」「勤め人になりたくない」などの<本人の感情><本人の曖昧な指針>が最前線に立つ理由だと叩かれやすい。多くは「必ずや後悔する」と言われる。寧ろ「後悔しろ、人生失敗して露頭に迷うがよい」と呪いをかけんばかりの心情、更には「あいつ人生終了」と勝手に他人の将来を決め込んでしまうのもいるから恐ろしい。

つまり「学生時代は大人のいうことをきいておけ」「役にたたなくても学歴は持っておけ」「社会に出てないガキが能書きたれんな」ということか。

学校中退のリスク

ちゅう‐たい【中退】

[名](スル)《「中途退学」の略》修業年限の中途で退学すること。「大学を中退する」

(デジタル大辞泉の解説より)

高卒で社会に出ようが、大学を中退しようが最終学歴は高卒だけど、「中退」という響きが良くないのだろうか。一般的な中退のリスクをざっくり書きだしてみた。

1.就職活動で不利になる

2.素質を低くみられる

3.やりたかったことを断念する

4.「やめ癖」がついて精神的に弱い人間になる

5.猛烈に社会勉強しなくてはいけない

6.恋愛や結婚で不利になる

7.卒業した同級生に劣等感を持つ

8.学費を出してくれた家族と不仲になる

いづれも「~かもしれない」話だが、8つとも前途を閉ざされることばかり。

大学中退者の悲惨な実話

コンビニにいた頃、面白い雇われ店長がいた。話題の引き出しが山ほどある。業界が長く、接客や売り場のノウハウも沢山教えて頂いた。物腰がやわらかく、交渉やクレームでは「押して引く」のが上手い。ちゃっかりした所があっても憎めないどころか笑って許してしまうような人だった。

しばらくして、この店長がなんと某一流大学中退と聞いてびっくりした。
その大学に入れそうな頭脳は持ってそうに感じていたが、「中退」にはたまげてしまった。もちろん理由は聞かなかったけど。

「同級生が何人かテレビに出てるんだ」と遠い目をして言うこともあった。

数年後、わたしは転職することになった。周囲にあいさつ回りをしていると、「店長はオーナーに借金しているから辞められない」という情報が入ってきた。まぁ、わたしが黙っていたところでこの手の噂は留まることはない。
「俺と店長がオーナーから金借りてるよ。悪魔の契約」と自ら言ってきた社員がいた。ただ「返さないと辞めらんないし、だいたい肩身が狭いからもう返す」と言って色を付けて返して退職された。ほんとに肩身が狭かったのだろう。

そして、転職先のコンビニでとても残念な話を聞くことになる。
一人、前職から一緒の社員がいた。彼が前職のメンバーと飲みに言って聞いた情報だった。

「あの店長、お金盗んでいたんです」

数秒の間があった。理解するのに時間がかかったのだ。
締めの時間になると、売り上げ金や公共料金の支払い、他クーポンなどは毎日レジや金庫から抜いて勘定する。各本部控えは出力した伝票と一緒に送付、売上金は翌日銀行振り込みする。その売上金の勘定が毎日合わないそうなのだ。

毎日数える数人の社員がおかしいと思い、いろいろ調べたところ、店長が盗んでいるのを防犯カメラがとらえていた。彼は万引き犯をよく捕まえていたこともあった。物凄い皮肉な話だ。

中退理由を胸を張って言えるか

上記は犯罪なので断罪されて当然だが、大学中退者でここまで堕ちてしまう人をわたしは見たことはない。何より辛く感じたのは「長時間労働をしながら会社に借金し、更に会社のお金に手をつける生活」をしていたことだった。

中退者が転落するには様々な理由やプロセスがある。以下6つの質問を書きだした。ひとつでもノーなら、自信がないなら中退は見送るべきだとおもう。
(もちろん全部イエスでも転落しない保証はありません。)

1.胸を張って「中退理由」を話せますか?

2.観念的思想にもめげず、仕事で結果を出すことが出来ますか?

3.多くの大人たちに揉まれながら、社会で生きる術を掴めますか?

4.伴侶を得たいなら、素敵なひとと幸せになることが出来ますか?

5.親御さんや家族と不仲にならないで生きていけますか?

6.中退の道を選んだことを生涯後悔せず、生きることが出来ますか?

老婆心で書いてはみたが、果たして中退を考える若者に響くものはあるのだろうか。