生き方に正解はない。

生きること。あなたの誇りです。

<女性ミニマリスト・本多メグさん>辛い仕事こそ断捨離しよう!ミニマムな生活費で、自由な暮らしを

こんにちわ、晴美です。

昨年10月頃から「ミニマリストに習う暮らし」をしています。
敢えて「習う暮らし」明記するのは、未だミニマリストと言える身分ではないからです。持ち物の量も、毎月の支出も。

ミニマリストカテゴリーを作って好きなミニマリストの方々の記事を載せ始めました。これをきっかけに読者登録してくださった方がいらしゃいました♡ありがとうございます!

本多メグさんのブログ

www.meguminimal.com

本多メグさん(id:megumakou2014)(以下、メグさん)は北海道札幌市で御主人とふたりで暮らし。2015年からミニマリスト主婦ブロガーをされています。
ブログタイトル通り、ミニマリストの記事がメイン。他には家計簿、書評も。
すっきりしたブログレイアウトで、ブログ工事営業中の身としてはコチラも大変参考になりました。

特に夫婦2人暮らしの方は必見です。生活費は毎月16万円ほど

www.meguminimal.com

2016年1月の家計簿を載せました。暖房費のかかる北海道にお住まいながら、この金額。如何にミニマムか、お分かりになると思います(*'▽')
15万16万まで下げるのは大変ですが、見直せばどこの家庭でも相当節約できるものはあります。

たとえば支出でいちばん大きい家賃や住宅ローン。賃貸の方は小さめのマンションを借りるのが一番節約できます。持ち家で家を売りたくない方は、金利の安いローンに切り替えるか、投資でお金を増やして繰り上げ返済。このご時世、退職金はあてにならないもんね。
我が家でも食費は夫婦で3万円未満、わたしの化粧品代は1,000円を切ることに成功しました。(元々薄化粧でビューラーもファンデーションも捨てた)

物や人間関係の断捨離記事は他の方で結構書かせていただいたのもあり、メグさんの紹介記事をどれにするか暫く迷っていました。毎回掲載許可を頂くミニマリストさんには「記事のURLを載せさせてください」とお願いするんですが、わたしの掲載能力がネタギレ。選んでいただきました。

メグさんの「おススメ記事」はこちら

www.meguminimal.com

仕事の記事?と思いましたが、とても奥が深かったです。
たくさん生活費を稼ぐためのに辛い仕事をするなら、ミニマリストになろうという記事。この中には5記事入っています。それぞれ取り出しました。

ブラック企業や長時間労働で消耗して得るものはあるのか

www.meguminimal.com

 

www.meguminimal.com

あらためて読ませていただいたんですが、退職金も年金も当てにならない現代、うだつの上がらない会社の正社員で頑張る価値や意味ってなんだろうと思う。世間体を気にして辛い仕事をする必要はない。雇用形態こそ正社員は名ばかりで、待遇や給料がバイト以下の所もいっぱいある。
心身を酷使して倒れても会社は助けてくれない。雇われ人は会社の部品でしかない。次の部品を探すだけ。雇われて生き続けるなら、うんと楽しんで仕事すべし。

いまや結婚だって自由。他人が何を言おうと、生涯一緒にいるわけではない。
他に生き方や稼ぎ方を知らないなら、ぜひミニマムな暮らしと節約術、あとは投資術を学ぼう。若ければ若い程、退職金も年金も当てにならないのだから。

生活のダウンサイジング

www.meguminimal.com

ホリエモンこと堀江貴文さんと、岡田斗司夫さんの対談を読みました。お金持ちのひとが「生活費はひとり10万円もあれば」の発言に驚きましたが、見栄や世間体に振り回されない生活スタイルが出来る人は確かに強いし、成功者の条件だと思う。

生活費を減らせば、年をとってもローリスク

www.meguminimal.com

高い生活費をかけ続けていると、下げるのが大変になります。ただ生きて暮らしていくだけで高いお金をかけているのが当たり前になり、金銭感覚が麻痺していくのです。

ものがたくさんあるのが当たり前で、買い置きがないと不安になるのと似ています。
省いて、少なくすれば室内もクローゼットもすっきりします。

定年後、老後にいくら必要・・・2,000万・3,000万、いや5,000万以上必要だなんて記事イッパイあるけど幅がありすぎて分からない。確かに医療費はかかるのでしょうけど、ただ貯めるのもつまらない。健康的に生きて生活費は抑えれば、収入のない老後もリスクは低いはず。

勤め先を辞めるのは恥ずかしいことではない

www.meguminimal.com

失業給付金以外にも求職者支援訓練制度があるんですね。実際にメグさんが受けられた経験を書かれています。お辛い方は是非ご検討されてください。

特に世帯主、一家の稼ぎ頭の方は退職に躊躇されると思いますが、一時的に仕事辞めて再開する方がずっといいです。病気をされているなら治りも早いです。

メグさん、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

※今回は本多メグさんに掲載許可をいただきました。

今まで紹介させていただいた、ミニマリストさんたちの記事はこちらです↓

「シブシブ」 しぶ様

www.irobana.com

www.irobana.com

 

「筆子ジャーナル」  筆子様

www.irobana.com

 

 「まじまじぱーてぃー」 あんちゃ様 (id:aopa-----nda )

www.irobana.com

 

 「シンプルに、しあわせに。」 ゆう様 (id:yuslife16)

www.irobana.com