生き方に正解はない。

生きること。あなたの誇りです。

「コンビニやスーパーの年齢確認でキレる話」のその後・・・

こんにちわ、晴美です。

数日前、会社でレジ担当者同士の会議がありました。
定期的に行われるミステリーショッパーの抜き打ち検査で、当店はダメダメでしたとの結果を受けて。

ミステリーショッパーとは

様々な業界の店舗・サービスでお客様に混じってサービスを受ける、覆面調査員のことです。
サービス向上のために多くの業界・企業が取り入れています。
また覆面調査員を募集してる会社に登録すると、たまに調査依頼が来ます。調査を終えると謝礼がもらえますよ。
自分も前にやったことあるんですが、人気なのか頻繁には依頼が来ないです。

小売業界にやってくるミステリーショッパー

スーパーやコンビニの場合だと、基本的な身だしなみや接客業務の他、店舗清掃や売り場の陳列状況なども細かくチェックされます。
抜き打ちなので誰が調査員なのかはこちらは分からず、従業員には調査内容を報告書で通達されます。知ったときには既に事はすんで、採点までされてます。
今回当店がダメダメと指摘を受けたのは、『年齢確認の不徹底』でした。
年齢確認するために、調査員は20歳過ぎの人を入れてるそうです。(顔だちも含めて)
うちの会社では安全?のために確認年齢を25歳にかさ上げしてるので「20歳の顔立ちだから確認しろ」ってこと。
特に夏休み・冬休み時期に実施されます。

で、対応した従業員が年齢確認してなかったので「徹底策」だって・・・
顔立ちの見立てなんて、人それぞれだと思うが・・・

年齢確認徹底マニュアルがひどい

未成年に販売して補導された時のリスクはとても高いので、自分を守るためにも仕方がない。
売った販売員本人が50万円以下の罰金だから。
このコラムが分かりやすかったです
biz-journal.jp

会議内容に基づいて文書を作ったんですが、ある意味「役所よりひどい」・・・
詳細は載せられないので、一部だけ。

・怒って帰っても、割り切ってください。
・うちの店で買いたいなら、身分証を持って再来店してもらってください。
・「あの店は若くみえるひとは身分証出さないと売ってもらえない」認識を持たせるぐらいでやってください。

( ゚Д゚)ああ?

わたしは会議のたびに、内容を文書に纏めて皆に配ることになっています。
昨日やりましたが、大変な文書が出来ました。
これでいいのか・・・と自分で作った文書に半ば混乱しました。

変な事件やクレームになりそうで怖いし、ここまで来たら年齢関係なく「身分証明書提示を義務付け」でいいレベルだ。
曖昧すぎる「見た目年齢」なんか徹底しても全く意味がない。

関連記事はこちら↓
www.irobana.com
www.irobana.com