生きてるだけで

誰でも必ず、誰かの誇りです。

プロブロガー・ヒトデさんの社畜祭りに寄稿した話です。

こんにちわ、晴美です。

去年のいまごろ、みなさんが大好きなヒトデさんに寄稿しました。
(記事が古くなったので書き直しました)

f:id:irobana:20170306113212g:plain

ヒトデさん

会社員をしながらブログ書いてる愛知県の若人です。
現在は退職されてフリーランスをされてます。

寄稿先は『今日は社畜祭りだぞ!』。
あのときずいぶんお世話になったなと感じてます。(もちろん今も閲覧してお世話になってます・・・)

お勤めしてる人の理不尽な話、おかしな契約状況、サービス残業、人間的にアレな話をくださいという寄稿専門サイト。多くのお勤め人はネタがおありかと。

わたしも楽しくやらせてもらいました。わたし相手ではヒトデさんも文章更正の手間がかかったでしょうから、ギャラはいらないです(キリッ と言ったのんですが・・・
『貴女のメールアドレスにAmazonギフト券送らせていただきます』 だって。
ヒトデさんにギャラの拒否は出来ないようになっております。

ヒトデさんの仕事

 月間100万PV以上読まれてる『今日はヒトデ祭りだぞ!』(以下、ヒトデ祭り)をメインに、

サブブログ『ヒトデ祭り?昨日だけど?』を運営。ほかにはnote販売、LINE@で情報配信、などなど。

ヒトデファンの方はLINE@登録必須ですよ。自動的に情報配信されます(*^-^*)

www.hitode-festival.com

ご本人はヒトデ祭りを『雑記ブログ』と書いてますが、『お役立ち情報満載ブログ』です。アマゾンのお勧め商品やお料理記事、オススメ漫画、書評と盛りだくさんです。

『今日は社畜祭りだぞ!』の寄稿にいたるまで

f:id:irobana:20170411110432p:plain

メインのヒトデ祭りに告知があったので読みに行きました。既にいろいろな業界の社畜話・暴露話が載ってました。

・ご自身の社畜話

・寄稿社畜

勤め人の数だけ社畜話があるんですね・・・(笑えない・・・)

寄稿の募集要項には、このような文章も。

’このサイトでは様々な人に体験談を書いて頂いていますが、
これは全員私と繋がりがあり、有る程度信用出来る人にだけ書いて貰っています’

ここまでヒトデさんとはツイッターで1、2回お話した程度だったのでお返事いただけるか不安でした。

メールを送ったら

「素晴らしい体験ですね、是非社畜祭りで書いてほしいです 笑」
まあ、そんな硬くなんないでひとつよろしく、みたいな感じの返信でホッとしました
初めての「寄稿」は、すっごく勉強になりました。文字数と記事全体の流れの指定があり、路線から外れにくく、とても助かりました。
自分は当時どんな画像貼っていいか分からなくて、掲載までに時間をかけてしまいました。画像は自分がまいどお世話になってるあしみのさん(id:asimino)にも聞いて、王道の「ぱくたそ」と「いらすとや」で落ち着きました

 

 

みんなヒトデさんに社畜ネタを寄稿しよう

f:id:irobana:20170411111243p:plain

わたしはコンビニ業界に7年ほどいました。ブラックだけでなく、人間崩壊して善悪と法律と労働基準法も何もない店舗ばかり。 当時の苦い経験を一部を書いています。

現在、社畜祭りには大勢の方で成り立っています。

寄稿されたい方はヒトデさんまで。社畜祭りはこちらから↓

shachiku-festival.com

 

※ヒトデさんに掲載許可いただきました!