生きてるだけで

誰でも必ず、誰かの誇りです。

【ヤブ医者注意】眼科で検査員にウソを教えられてコンタクトレンズを変えた話

わたしは長年ハードコンタクトレンズをしており、年に一度は視力検査のため眼科に赴きます。
結婚して新宿の眼科が遠くなったので眼科を変えた際、ヤブ眼科にあたって痛い目に遭いました。

乱視が進んでるだけでソフトレンズごり押し

視力測定したら「乱視が進んでるからソフトコンタクトレンズに変えてください」と検査員に言われました。

「ハードレンズは乱視の矯正が効くはずですが」と言ったら「いえ、このレンズでは合いません。乱視用のソフトレンズに変えてください」の一点張り。

アタシ、ハードレンズ15年くらい使ってるんですよ。
使用していたハードレンズには既に乱視矯正が入っていたので、余計解せません。
ちなみに診察室の先生の対応は記憶にありません。

 

慣れないソフトレンズに変えてみて

今なら「考えますので今日はそのまま帰ります」と言えますが。
けど、この時ソフトレンズの商品説明を聞いて処方箋を貰ったんですよね。(なぜいうこと聞いたんだろ)
最初変えたのはクーパービジョンの乱視用2week。どういうことかクーパービジョンは規制があるのか、通販でも安くしません。ものはいいですが。

メニコンのメルスプランに加入してたのもあり、今度はメニコンプレミオトーリックに変え、しばらく使っていました。

 

www.irobana.com

 

1年近くが経ち、違う眼科に赴きました。

ベテラン検査員の対応でヤブ眼科と知る

ソフトレンズはどれくらいですかと問われ
「1年くらいです。それまではハードだったんですが、もうハードは合わないって」
ベテランらしい、おっとりした感じの男性が「えっ」と驚きの声。
「貴女の乱視度数なら近視用のハードで充分対応出来ますよ。」

ソッコー、ハードレンズを買いました。

ハードレンズと柔らかいハードレンズ

HOYAのナチュレハードのように、瞳への当たりが柔らかく、従来のハードレンズが苦手な人も使える商品も出ています。自分は従来型でも問題ないので昔ながらのメニコンEXにしました。

柔らかいハードレンズ

・瞳へのあたりがやわらかい
・酸素通過率がとても高い

デメリット

・従来型よりハードより汚れやすい、もちがいまいち

従来型のハードレンズ

メリット

・柔らかいのより経済的
・長持ちする

デメリット

・瞳へのあたりが堅い
・酸素通過率は柔らかハードより負ける(旧商品のため)

まとめ

無知って怖いですよね~(苦笑)
眼科とか歯科とか、ヤブ医者や看護師や検査員のいる病院には行きたくないもんです。
アタシもすぐにググるか他所に行けばよかった(ノ∀`)アチャー最悪、失明しちゃいますよ。学生の時、終日装用のソフトで角膜炎をやりました。が、使い捨てソフトで大丈夫だったのは唯一の救いです。
あと近所や勤め先の近くの医者を選ぶなら、口コミがいちばんですね。

 

こんな記事もあります

www.irobana.com