生き方に正解はない。

生きること。あなたの誇りです。

レジ打ちの仕事はなくなるのか。なくしたいのは企業の都合です。

こんにちわ、晴美です。
レジ従業員(チェッカー)の仕事は10年後にはなくなるといわれています。
特にネット情報や個人のブログ、まとめサイトなど。
現役でレジ打ちをしているわたし自身も、痛いほど身に染みています。

レジの仕事がなくなるかもしれない理由は企業の怠慢

1機械の進化

自動でお釣りを出す機械。大手スーパーは勿論、中規模程度のでも当たり前になってます。

コンビニではローソンを筆頭に自動でお釣り銭を出してます。ポイントカードやICカードをお客様自身にカードリーダーに挿入してもらう仕様になりました。(2018年春現在)

利便性とお預かり銭とお釣銭の間違いを極限まで少なくするための対策ですが、実際のところ「機械が計算するから人間がみる必要ない」「計算できなくても出てきた釣りを返せばいい」下手したら「レジ係は馬鹿でもできる」との軽視に繋がっています。

例えば1704円のお会計で千円札2枚出す人には「お客様、5円か10円でも結構ですが、よろしいでしょうか」と伺います。
これを聞くと半数の確率(個人の感覚)で「あ、10円ならある」と出されます。意外ですよね。もちろんうかがう際はお客様の顔色や手もと、お財布の大きさや小銭の量などで判断します。二つ折り財布や小銭入れを分けて持っている方、目や力の弱くなってきたお年寄り、手ぶらでこられた男性の方には特にうかがいます。

逆に不機嫌そうな人、人の顔をみない人にはこちらも伺いません。レジの従業員も人間ですので、パンパンも顔もに膨れ上がったドヤピザDQNに「998円をお返しいたします」をすることもございます。

2誰でも出来る仕事の「刷り込み」と「軽視」(コンビニでの経験談)

外国籍の従業員もコンビニでは当たり前になってます。繁忙店郊外店関わらず中国や韓国のアジア国籍をはじめ、ヨーロッパ人もアメリカ人もみかけます。言葉の壁があっても、日本円の数え方が分かれば終始無言でも会計出来ます。

従業員が定まらないコンビニの人手不足で、ほとんど日本語がわからない10代の留学生が入ってくることもあります

わたしは5年ほど前までコンビニにいましたが、中には日本語の分かる留学生が通訳として傍にいないと何もできない子もいました。これではお客様も、「誰でも出来る仕事なんだ」と軽視されても仕方がありません。
問題は日本語がわからない留学生ではなく、その子を採用するオーナー店と、それを黙認するコンビニ本部です。誰でもいいから、ヒトなら誰でもいいからレジに置いてしまう。この扱いでコンビニで雇われる日本人従業員は落ちるところまで落とされたと思います。

従業員は「コンビニにに何も求めてんだよ」の感覚。
お客様は「どうせコンビニだし」と納得。

あの頃のつらさや罵倒があるから今のお客様に優しく、従業員を人と思えない客には毅然としてやれるのでしょう。

3お客様自身でお会計出来る、セルフレジ

イオンやイトーヨーカドーの大手では既にセルフレジが導入されています。
別記事でこのようなブクマをいただきました。

【スーパー・コンビニ】レジ打ちの店員を馬鹿にする人へ。 - 生き方に正解はない。

「AIと機械化で今後なくなる仕事だから」セルフレジを見るといい。下手するとレジ打ちの列に並んだほうがいいくらい、もたもに手間取る人たちの光景が見れるだろう。減ることはあるだろうけど、なくなりはすまい

2018/06/30 01:17

b.hatena.ne.jp


「お客様が自分で商品をレジに通して会計する」のは戸惑いがあるようです。考えればお客様はレジ打ちを慣れていらっしゃらない(当たり前)
自分は「仕事」でやってるので、感覚が違うことに気づきました。

  • マイバッグ持ってますか?
  • マイバッグをこちらにおいてください。持ってない人はレジ袋買ってね。
  • ポイントカード持ってますか?先に入れてね。
  • 商品をスキャンしてください。
  • (スキャンが済んだあと)支払い方法はなんですか?ポイント利用や商品券は先に使ってね。
  • 〇〇〇〇円です。
イオンのセルフレジで、こんな感じでした。(偵察や勉強以外で他店はあまり利用しません、記憶で書いてるので順番違ったら指摘してください)

セルフレジって

。。。面倒じゃないですか??今更ですが。
お客様、レジに慣れてくださいってことなのかな?「客でも出来る仕事だから自分でやれ」とスーパーが言ってるようなもん。
レジ係がばんばん聞いてくるから、そっちのが早いです、商品の数が多ければ多いほど、あと現金払いポイント商品券利用なら確実に早い。

お茶と弁当、ジュースにお菓子と数点買い。あと他人に会計してほしくない人向けでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

どれだけ志を高く持っても、卑下する人はする。まして企業体制が「人員と人件費の削減・効率化にコスパ」の一辺倒。だからお客様が従業員に何も求めなくなり、卑下してしまう。

お客様への対応は全く切り離し、仕事に徹する。こういう従業員は探せばまだ多い。だって、お客様を卑しくしないのも、従業員のつとめですから。

あわせて読んでね

www.irobana.com

 

www.irobana.com

www.irobana.com

www.irobana.com


www.irobana.com